二条城京都府京都市

二条城DATA
別称 旧二条離宮、恩賜元離宮二条城
築城 1603年
住所 京都府京都市中京区二条城町541
電話番号 075-841-0096
開館時間 8:45〜17:00(入館は16:00まで)
休館日 12月29日〜31日
登閣料 大人620円/中高生350円/小学生200円

二条城への交通アクセス

地下鉄東西線「二条城前」駅から徒歩約1分

二条城について

二条城と関連する事件を読む

本能寺の変明智光秀が謀反?謎に包まれた織田信長の死
戦国史最大の謎として知られるのが、天正10年(1582年)6月2日に起きた「本能寺の変」です。織田信長が京都の本能寺(現京都府京都市中京区)で明智光秀に討たれた、戦国時代で最も驚かれたであろうクーデターはなぜ起きたのか。光秀の背後に黒幕はいたのか。今も多くの歴史家たちが研究を進めており、新しい史料の発見で新説が登場するなど、今も盛んに議論されています。今回は
大坂冬の陣家康を苦しめた真田丸
江戸幕府を開いた徳川家康が主君筋の豊臣家を滅ぼした戦いが「大坂の陣」です。戦国最後となる大戦は江戸時代に入ってから行われました。慶長19年(1614年)の「大坂冬の陣」と、翌年の「大坂夏の陣」からなる2度にわたる戦いの結果、豊臣家は滅亡し、その後200年超にわたって徳川家が政権を運営していくことになります。今回はそんな大坂の陣のうち、最初の戦いである大坂冬の

二条城と関連する人物記を読む

豊臣秀頼時代の狭間に翻弄された二代目
戦国時代から江戸時代へと移りゆく中、「もし、生まれたタイミングや出生地が違っていれば…」と思わずにいられない武将たちも数多くいました。豊臣秀頼もその1人。父、豊臣秀吉の晩年近くに生まれてわずか6歳で家督を継ぐことになった息子・豊臣秀頼の運命は、「運がなかった」という言葉が当てはまるかもしれません。精一杯生き、大坂城落城と共に散った豊臣秀吉について紹介します。

二条城を藩庁とする、徳川幕府の歴史

徳川家の家紋「三つ葵」

徳川幕府DATA
居城 江戸城
旧地域 江戸
石高 400万石
主な藩主 徳川家