多聞城奈良県奈良市

多聞城DATA
別称 多聞山城
築城 1564年
住所 奈良県奈良市法蓮町1416

多聞城への交通アクセス

近鉄奈良線「近鉄奈良」駅から徒歩約18分。

多聞城について

多聞城と関連する事件を読む

信貴山城の戦い梟雄・松永久秀の最期
戦国時代の「三大梟雄」として有名な武将の一人が松永久秀です。その久秀が織田信長に謀反を起こし、壮絶な死を遂げた戦いが、天正5年(1577年)10月に起こった「信貴山城の戦い(しぎさんじょうのたたかい)」でした。信長が欲した茶釜「平蜘蛛」とともに爆死したという話が広く知られている久秀ですが、実際はどんな最期だったのでしょうか?今回は久秀にまつわる誤解の数々と信

多聞城と関連する人物記を読む

松永久秀実力で立身出世を遂げた男
戦国時代、多くの武将が様々な能力を活かして活躍しました。三英傑と言われる織田信長・豊臣秀吉・徳川家康以外に、戦国の三大悪人として斎藤道三、松永久秀、宇喜多直家が挙げられます。しかし、本当に悪人だったのでしょうか?後世の印象操作で、イメージはガラッと変わってしまいます。今回は、実は悪人ではなく主君に忠誠を誓う一面があった松永久秀の生涯について見ていきましょう。