伊賀上野城三重県伊賀市

伊賀上野城DATA
別称 白鳳城
築城 1585年
住所 三重県伊賀市上野丸之内106
電話番号 0595-21-3148
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:45まで)
休館日 12月29日〜31日
登閣料 大人600円/小人300円

伊賀上野城への交通アクセス

伊賀鉄道上野市駅徒歩約8分

伊賀鉄道について
  • 1時間に1〜2本しか運行していないため注意が必要
  • 電子マネー非対応
最終更新日:2020年11月21日
JR関西本線について
  • 伊賀上野駅近郊の関西本線は本数が少ない
  • 電子マネー非対応
最終更新日:2020年11月21日

伊賀上野城について

伊賀上野城と関連する事件を読む

天正伊賀の乱織田軍と伊賀忍者の壮絶な戦いとは?
敵陣に潜伏して情報を探り、罠を仕掛け、時には闇に紛れて敵を暗殺する「忍者」。普段はなかなか表舞台に出てこない彼らが織田軍と激突したのが「天正伊賀の乱」です。戦国時代で唯一、侍と忍者が直接対決した大規模な戦で、和田竜さんが天正伊賀の乱を題材に書いた小説「忍びの国」は2017年大野智さんの主演で映画化されました。今回はそんな天正伊賀の乱をわかりやすく解説します。

伊賀上野城と関連する人物記を読む

筒井定次改易大名〜藤堂高虎の影に隠れた伊賀上野城の最初の城主
皆さんは筒井定次(つついさだつぐ)という戦国大名をご存じでしょうか?松永久秀と争い、本能寺の変の際に明智光秀につかずに日和見を決め込んだことで有名な筒井順慶の後継者で、豊臣秀吉に仕え、関ケ原の戦いでは徳川家康率いる東軍に与した結果、伊賀一国を任された武将です。  藤堂高虎がかかわった伊賀上野城を建てたのは筒井定次なのですが、関ケ原の戦いの後には改易させられた
藤堂高虎多数の主君に仕えた築城の名手
藤堂高虎は弘治2年(1556年)、近江国(滋賀県)犬上群藤堂村において、藤堂虎高の次男として誕生しました。幼名を与吉といいます。父の虎高は、近江鯰江城主だった三井乗綱の次男として生まれますが、若い頃は近江を離れ甲斐(山梨県)の武田信虎(武田信玄の父)に仕えます。しかし、武田家で不始末を起こすと出奔。再び近江に戻ると、藤堂忠高の婿養子になりました。 藤堂家は近

伊賀上野城を藩庁とする、伊賀上野藩の歴史

筒井氏家紋「梅鉢」

豊臣秀吉の命により筒井定次は大和郡山から伊賀上野藩に移封。その後筒井定次の改易により藤堂高虎の領有により津藩の一部となる。

伊賀上野藩DATA
藩庁 伊賀上野城
旧地域 伊賀国上野
石高 20万石
譜代・外様 外様
主な藩主 筒井氏