藤堂高虎多数の主君に仕えた築城の名手

藤堂高虎

藤堂高虎は弘治2年(1556年)、近江国(滋賀県)犬上群藤堂村において、藤堂虎高の次男として誕生しました。幼名を与吉といいます。
父の虎高は、近江鯰江城主だった三井乗綱の次男として生まれますが、若い頃は近江を離れ甲斐(山梨県)の武田信虎(武田信玄の父)に仕えます。しかし、武田家で不始末を起こすと出奔。再び近江に戻ると、藤堂忠高の婿養子になりました。

藤堂家は近江犬上郡の土豪でしたので、住まう地域の大名である京極氏、次は浅井氏に仕えることになります。
このような環境で育った藤堂高虎。成長すると、身の丈6尺2寸(約190㎝)を誇る偉丈夫となり、父と同様に浅井氏に仕える事から武士のキャリアをスタートしました。

高虎が若い時、仕えた仕官先は?

まず、最初に仕えた浅井氏について。浅井氏は当時、北近江(滋賀県北部)を治めていた大名です。浅井氏で有名な武将と言えば、織田信長の妹(お市の方)を妻にしていた浅井長政が知られています。

周辺の大名である南近江(滋賀県南部)の六角氏や越前国(福井県嶺北)の朝倉氏、尾張美濃(岐阜県、愛知県西部)で勢力を拡大していた織田信長などと、うまく関係を維持していました。しかし元亀元年(1570年)6月、姉川の戦いで浅井氏が織田信長に敗れたことを機に、衰退の道をたどります。その後、天正元年(1573年)に滅んでしまいます。

浅井氏が滅亡する直前、高虎は浅井家を見限って出奔。その後、浅井氏の旧臣だった阿閉貞征、磯野員昌といった近江の国人に仕えるも、長続きせず磯野家からも再び出奔します。
そして近江を出ると織田信長の甥、津田信澄に仕えますが、ここでも長く持ちません・・・。

当時の仕官事情とは?

当時の大名家や土豪に仕える武士たちは、能力次第で主君を変える買い手市場でした。

  • 仕官先の大名に将来性を見いだせない
  • 正当な評価を得られず、俸禄が少ない
  • 周囲と馴染めない。主君とそりが合わない。家風に合わない。

など、様々な理由から納得できなければ仕官先を変えていました。

「七度主君を変えねば武士とは言えぬ」と言われるほど部下と主君の関係を重視しており、主君を変えることはけっして珍しいことではなかったのです。

高虎も他の武士たちと同様、若い頃は自分の価値を認めてくれる、納得して仕えることのできる主君を探していたと思われます。

高虎が落ち着いた先

藤堂高虎が本格的に腰を落ち着けたのは天正四年(1576年)、20歳の頃からでした。

織田信長の麾下にいた羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の弟、羽柴秀長に仕える事になってからです。当初300石の知行で仕え始めます。出世こそ遅かったのですが、羽柴秀吉の栄達に合わせるように羽柴秀長の麾下で手柄を立てていきました。

天正九年(1581年)には鉄砲大将として一手の将に。これをきっかけに、天正十三年(1585年)には四国征討でも武功を挙げました。結果、与えられた知行地も一万石と出色の出世を遂げています。

また出世するに従い、与えられる命令も戦いだけではなくなっていきました。城の普請奉行も命じられるようになり、この天正十三年(1585年)には猿岡山城、和歌山城の普請を命じられています。後世、三大築城名人(黒田官兵衛、加藤清正、藤堂高虎)の一人と謳われた高虎の最初の築城でした。

高虎は亡くなるまでに、宇和島城、今治城、篠山城、津城、伊賀上野城、膳所城、二条城などを築城しています。高虎の築城した城は石垣を高く上げる事、堀の設計に特徴を持っています。同じく築城の名人として謳われた加藤清正の築城手法が、石垣に「武者返し」「扇の勾配」と呼ばれる反りを付けたことに特徴を持っていたため、この二人の築城手法は対比されています。

主君、羽柴秀長の死とその後

高虎の主君、羽柴秀長は天正十九年(1591年)に病没しました。その秀長の跡を継いだのは養子としていた甥の羽柴秀保(豊臣秀保)でしたが、高虎は秀保に引き続き仕官します。ところが、文禄四年(1595年)に秀保も病没。羽柴秀長の系統が途絶えてしまいました。

この秀保が亡くなった後、秀長、秀保に仕えていた多くの家臣は、豊臣秀吉に仕える事となります。

しかし、高虎は豊臣家を辞し出家。僧となり秀長、秀保を弔うため高野山に籠ってしまいました。ところが高虎の将才を惜しんだ豊臣秀吉は、生駒親正を通じ説得させます。高虎もこの説得に折れ、再び還俗して七万石の大名として伊代板島(現在の愛媛県宇和島市)を拝領します。野を懸け、戦で走り回った叩き上げの高虎が城持ち大名となった瞬間でした。

高虎の人柄とは?

藤堂高虎は永禄四年(1595年)に豊臣家配下の大名となりました。後年、津(三重県津市)を中心に三十二万石の大名となっています。

高虎は、領国運営の中核を血縁の藤堂家で固めていたことが特徴です。
これは、父の虎高が近江の土豪であった事や、虎高自身が長生き(享年84歳)で高虎の兄弟姉妹(異母兄弟や姉妹)などに恵まれていました。高虎が羽柴秀長の元で知行地を増やすに従い、身近な縁者を取り込み自分の下で働かせて、高虎一家として形成していったのでしょう。

ただし、高虎は身内だけでなく一族以外からも積極的に人材を集めています。
浅井氏一族や、磯野員昌の子、津田信澄の子など、若い頃仕官していた主君の子などを取り立てたり、助命して助けたりしました。こうしたエピソードからも、義理堅い性格だったようです。こうした性格は当時から世間に評価され、多くの武将が高虎の元に仕えています。

関ケ原の戦い後に迎え入れた部下たち

慶長五年(1600年)関ヶ原の戦いで徳川方に敵対した大名が取り潰され、大量の失業した武士が浪人として市中に溢れかえりました。大名たちは、浪人となった有能な武将たちを自分の家臣に取り込み、自家の発展に繋げようとします。高虎も、多くの武将を迎え入れました。関ケ原の戦い後、高虎の家臣となった武将たちには以下のような人物がいます。

赤井直義
丹波の有力な国人であった赤井直正の子で通称は父と同じ悪右衛門。赤井家が明智光秀に滅ぼされると、京都に隠棲していたが慶長十五年(1610年)、高虎に足軽大将として仕えるようになりました。
桑名吉成
長曾我部元親の三家老だった桑名氏の一族。 吉成は土佐の中村城城代でした。関ケ原の戦いでは仕えていた長曾我部家が改易され、浪人となりましたが、後に藤堂家に仕えます。後年、大坂夏の陣において藤堂家は長曾我部元親の子である盛親と激戦を繰り広げました。吉成はその旧主との戦いの中で、討死した或いは、自刃したとも言われています。
菅達長
淡路の水軍を率い、方々に仕えていましたが豊臣秀吉の水軍衆として伊予国(愛媛県)に所領を与えられます。関ケ原では西軍に与したため、菅家は改易。その後、同じ伊予の大名であった藤堂家に仕えるようになりました。
渡辺了
近江国浅井郡出身で、高虎と同様に主君を変えながら名をあげていきます。 中村一氏に仕えていた時は、豊臣秀吉より「捨てても1万石は取るべき」と言われる程、評価されていました。 関ケ原の戦いでは豊臣家五奉行の一人、増田長盛に仕えています。増田家が西軍に与したため、関ケ原の戦い後に改易されると藤堂家に二万石で仕えました。

既に説明した通り、この頃は自分の実力次第で仕える主君を選べる時代でした。ところが高虎のもとでは、元大名や元家老たちを多く召し抱えています。当時、世間から高虎が評価されていたからこそ召し抱えることができたのでしょう。

迎え入れた武将たちとのいざこざ

ただ、菅達長や渡辺了には大坂冬の陣・夏の陣で続きの話があるのです。

まず、菅達長。冬の陣が徳川・豊臣家の一時停戦で終わると、徳川方は大阪城の外堀と内堀とを埋めて、次の戦いでは優位に進めようとしたことはよく知られています。

この時、菅達長は大坂城の堀を埋め立てるよう高虎より命じられますが、この命令を拒否しました。元は豊臣家の大名であったこともあり、命令に不満があったのかもしれません。

ちょうど現地視察に来た高虎がその態度を咎め、口論に・・・。結局、命令違反を理由に菅達長はその場で切腹を命じられてしまいました。

渡辺了は、大阪夏の陣の時、八尾の戦いにおいて高虎の命令を無視し独断専行を行い、終始戦いました。戦い自体は渡辺了の活躍で優勢に進んだのですが被害も大きく、戦いのあとに藤堂家を出奔しています。ところがこの渡辺了の行動に対して、高虎は奉公構(「大名家が名指しした浪人には遺恨があるので、他の大名は雇うな」と触れを出す事)を出し、その奉公構は終生解けませんでした。そのため、世間から評価の高かった渡辺了はその後、他家に仕える事ができず亡くなりました。

高虎は、人に対して義理堅く家来に目をかけ重んじてきた人でした。しかし、反面叩き上げで大名にまで上り詰めたこともあって、組織(大名家)としての命令や秩序を大事にしていたようです。

高虎が徳川家康についたのはなぜ?

藤堂高虎を大名まで引き立てた豊臣秀吉は、慶長3年(1598年)に亡くなりました。羽柴秀長に仕官したのが天正四年(1576年)でしたので、豊臣秀吉が亡くなるまで足掛け22年間も豊臣家に仕えた事になります。

しかし、高虎は秀吉が亡くなると急速に徳川家康に接近していきます。それまで、豊臣家が家康に行った饗応などで多少接点はあっても、そこまで親密な間柄ではありませんでした。にもかかわらず、高虎が家康に接近したのはなぜだったのでしょうか。

おそらく、「次の天下を取るのは徳川家康だ」と見極めたからでしょう。身一つで成り上がってきた男の嗅覚と、納得できる主君を探し度々仕官先を変えてきた高虎の経験から出した大きな決断だったといえます。

慶長五年(1600年)関ヶ原の戦いにでは、高虎は徳川方(東軍)の最前線で大谷吉継などと戦います。しかし、この戦いが始まる前に敵の石田三成方(西軍)の武将だった、小川祐忠・朽木元綱・赤座直保などを調略し戦いの最中に寝返らせました。結局この3人に加え、小早川秀秋、脇坂安治が西軍を裏切った事が、関ケ原の戦いの勝敗に大きく影響しています。これらの結果をみても、高虎の功績は大きかったと言っていいでしょう。

この戦いの後、高虎は従来の宇和島城八万石に加え今治城十二万石の加増を受け、伊予の半分を治めることになりました。

慶長13年(1608年)には伊賀上野藩主・筒井定次の改易と伊勢津藩主・富田信高の伊予宇和島藩への転封にともない、今治城周辺の越智郡2万石を飛び地とし、伊賀国内10万石、並びに伊勢安濃郡・一志郡内10万石で計22万石に加増移封され、津藩主となっています。伊賀と津は、江戸と上方を結ぶ東海道がある重要な地。徳川家康は、この要衝を新参の高虎に任せたことになります。

それほど高虎を信任していた家康は、古くからの徳川家の家臣同様に譜代大名格(別格譜代)として処遇するようになります。その厚遇ぶりは、家康が臨終に際し枕元にまで侍らせ亡き後の処置を相談したほどです。

高虎の最期とその後

徳川家康亡き後も藤堂高虎は徳川幕府に忠節を誓い、三代将軍徳川家光の時代、寛永七年(1630年)十月五日に江戸藤堂藩邸で死去しました。享年七十五歳。
高虎の死後、近習が高虎の体を清めようと寝具を脱がし体を見て大きく驚きます。身体は弾傷や槍傷で隙間なく、右手の薬指と小指はちぎれ、左手の中指も短く爪はありませんでした。左足の親指も爪が無く、満身創痍の身体であったと言われています。一介の侍から成り上がり、戦国の世を駆け抜け大名にまで上った苦労がその遺体に刻み込まれていたのでしょう。
このような高虎の人生から、藤堂家の家臣達は高虎の遺訓を座右の銘としました。

「寝屋を出るよりその日を死番と心得るべし。かように覚悟極まるゆえに物に動ずることなし。これ本意となすべし」

高虎は「毎日を今日こそが死ぬ日だとの覚悟を持って生きよ」と考え生きていました。その教えを家臣達は重く胸に刻んで座右の銘にしたのでしょう。

高虎は、東京都台東区上野恩賜公園内の寒松院に葬られました。その他、三重県津市の津城跡がある「お城公園」内、高山神社にも祀られています。

「高山」は高虎が津市発展の礎を築いた開祖として、戒名よりとられた「高山居士」「高山公」の諡(おくりな)に由来。現在、毎年10月に津で行われている「津まつり大パレード」では、高虎が津に入城した様子を模した高虎時代絵巻を行っています。

藤堂高虎の記事カテゴリ:人物記

執筆者 (ライター) 学生時代から歴史や地理が好きで、史跡や寺社仏閣巡りを楽しみ、古文書などを調べてきました。特に日本史ででは中世、世界史ではヨーロッパ史に強く、一次資料などの資料はもちろん、エンタメ歴史小説まで幅広く読んでいます。 好きな武将や城は多すぎてなかなか挙げられませんが、特に松永久秀・明智光秀、城であれば彦根城・伏見城が好き。武将の人生や城の歴史について話し始めると止まらない一面もあります。