大多喜城千葉県夷隅郡

大多喜城DATA
別称 大滝城
築城 1521年
住所 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481

大多喜城と関連する人物記を読む

本多忠勝皆からの評価が高い花も実も兼ね備えた武将
その昔、日本を駆け巡った侍たち。その侍たちが活躍した時代、最後に250年も続いたのが江戸時代でした。江戸幕府を開いたのは徳川家康。徳川家康は幼いころから苦労続きの人生でしたが、最後には天下人となりました。そんな家康も、若いころ周囲から「過ぎたるもの(家康には不相応な持ち物)」と言われていたものがあります。それが「唐の頭に本多平八」という言葉。 唐の頭とはチベ

大多喜城への交通アクセス

いすみ鉄道・大多喜駅より徒歩20分

大多喜城を藩庁とする、大多喜藩の歴史

本多忠勝

天正18年(1590年)の小田原征伐後、関東に入部した徳川家康は、徳川四天王の一人・本多忠勝に上総国に10万石を与えた。忠勝は当初は万喜城に入城したが、遅くとも天正19年(1591年)までに居城を大多喜城に移した。これが大多喜藩の起源である。

大多喜藩DATA
藩庁 大多喜城
旧地域 上総国
石高 2万石
譜代・外様 譜代
主な藩主 本多家・阿部家・青山家・阿部家・稲垣家・松平家
推定人口 2万1000人(明治元年)