清洲城愛知県清須市

清洲城DATA
別称 清須城
築城 1405年
住所 愛知県清須市朝日城屋敷1-1

清洲城への交通アクセス

JR「清洲」駅・名鉄「新清洲」駅下車徒歩15分

清洲城を藩庁とする、清洲藩の歴史

戦国時代、清洲城は守護代の織田氏(織田大和守家)の居城であったが、分家出身の織田信長がこれを奪い居城とした。しかし信長が岐阜城、次いで安土城と拠点を移してからは清洲城の存在価値は極度に低下していく。天正10年(1582年)6月、信長が本能寺の変で横死すると、信長の後継者を合議する会議、いわゆる清洲会議が清洲城で開かれ、このとき豊臣秀吉によって信長の後継者は信長の嫡孫・三法師(のちの織田秀信)と決められ、清洲城主には信長の次男・織田信雄が据え置かれた。

清洲藩DATA
藩庁 清洲城
旧地域 尾張国清洲
石高 47万石
譜代・外様 親藩
主な藩主 松平氏・徳川家
推定人口 26万人(明治元年)