武田神社山梨県甲府市

武田神社DATA
創建 1919年
住所 山梨県甲府市古府中町2611

躑躅ヶ崎館の跡地(武田氏館跡)に建てられており、武田信玄を祭神とする。旧社格は県社。

武田神社と関連する人物記を読む

武田信玄風林火山の旗を掲げた甲斐の虎
戦国時代を通じて、日本を統一し江戸幕府を開いたのは徳川家康でした。その家康が戦って敗北し、また尊敬した人物が甲斐(現在の山梨県)の武田晴信(後年出家して武田信玄と名乗りました)です。また家康と並び戦国三英傑の一人に挙げられる織田信長も、晴信とは極力対立しないように苦心していました。そんな戦国を代表する英雄たちが恐れた武田信玄を、今回はご紹介したいと思います。
武田勝頼偉大な父の後で苦労した優秀な武将
武田 勝頼(たけだ かつより)は、戦国時代から安土桃山時代に甲斐・信濃国を本拠とした戦国大名です。父は武田信玄、その四男として生まれました。武田家を継いだ後、偉大な父の残した家臣たちの統制に苦労しました。周囲には、尾張の織田信長や三河の徳川家康といった有力大名とも敵対、長篠の戦いで敗北しました。そのような悲運の武将であった武田勝頼を今回はご紹介したいと思いま

武田神社への交通アクセス

JR甲府駅北口2番のりばより山梨交通バス「武田神社」行きまたは「積翠寺」行きに乗車し、「武田神社」バス停下車。