一乗谷朝倉邸福井県福井市

一乗谷朝倉邸DATA
別称 一乗谷城
築城 不明
住所 福井県福井市城戸ノ内町

現在の福井市街の東南方向約10キロメートル離れた、九頭竜川支流の足羽川の、さらに支流である一乗谷川沿いの谷あいにある。戦国時代の城下町と館跡、および背後の山城から構成される。

一乗谷朝倉邸への交通アクセス

JR越美北線一乗谷駅から徒歩約30分。

一乗谷朝倉邸について

一乗谷朝倉邸と関連する事件を読む

一乗谷城の戦い一乗谷城の戦いで朝倉氏滅亡!従弟に裏切られた最期とは
長きにわたり越前国(福井県)を支配していた名門・越前朝倉氏を織田信長が滅ぼしたのが、天正元年(1573年)に起こった「一乗谷城の戦い」です。朝倉家当主の朝倉義景は元亀元年(1570年)の「金ヶ崎の戦い」で信長を追い詰めた人物。ところが優柔不断な性格が響いたのか信長を攻めきれず、「刀根坂の戦い」で大敗し、ついには従弟の裏切りにあって自害させられてしまいます。今