福井城福井県福井市

福井城DATA
別称 北ノ庄城、北庄城、庄城
築城 1606年
住所 福井県福井市大手3丁目17-1

福井城は本丸の石垣と堀が残るが、二の丸、三の丸はほぼ消滅して市街地化している。形式は平城。本丸と二の丸の縄張りは徳川家康によるものとされる。

福井城への交通アクセス

JR北陸本線・福井駅から徒歩7分。

福井城を藩庁とする、福井藩の歴史

徳川家康の次男・結城秀康が67万石で入封。長男・忠直が酒色に溺れて流罪。弟の忠昌が越後国高田より迎え入れられた。

福井藩DATA
藩庁 福井城
旧地域 越前国足羽郡北ノ庄
石高 32万石
譜代・外様 親藩
主な藩主 松平氏
推定人口 28万人(明治元年)