忍城埼玉県行田市

忍城DATA
別称 浮き城、亀城
築城 1479年
住所 埼玉県行田市本丸17-23-1

忍城への交通アクセス

秩父鉄道秩父本線行田市駅下車徒歩15分

忍城について

忍城と関連する事件を読む

忍城の戦い豊臣軍の猛攻を耐え抜いた「浮き城」
天正18年(1590年)、豊臣秀吉が北条家を攻めた「小田原征伐」。小田原城の包囲戦で有名ですが、豊臣軍は各地にあった北条家の支城攻めもおこなっています。そのうちの一つが武蔵国埼玉郡忍(現在の埼玉県行田市)にあった「忍城」。映画『のぼうの城』で取り上げられた「忍城の戦い」の舞台ですが、石田三成の水攻めにも負けず、小田原城が陥落するまで落城しませんでした。今回は
小田原征伐秀吉が天下統一!北条家を下した最後の大戦
天正18年(1590年)、豊臣秀吉が北条氏政とその息子の氏直が率いる北条家と戦ったのが、「小田原征伐」と呼ばれる一連の戦いです。秀吉の支配に最後まであらがっていた北条家が戦に敗れて滅亡し、秀吉は天下統一を果たしました。さらに、徳川家康は関東を治めることになり、将来の江戸幕府の礎を築くことになるのです。今回は、天下統一前最後の大戦、小田原征伐について解説してい

忍城と関連する人物記を読む

松平忠吉関ヶ原の火蓋を切った大名
室町時代後期、戦国時代とも呼ばれた戦乱の世は徳川家によって終わります。この時代の終止符を打った戦いがあの「関ケ原の戦い」です。東西に分かれて10万人以上が対峙したこの戦い、最初の発砲を行ったのが松平忠吉です。後に天下人になる徳川家康の4男として浜松に生まれ、尾張国清洲城の藩主となった忠吉。この松平忠吉がどういう人物であったのか、今回は見ていきたいと思います。
石田三成秀吉の優秀な官僚であり、忠臣だった武将
戦国時代の三英傑の一人だった織田信長が本能寺の変で討たれた後、天下統一したのは豊臣秀吉でした。秀吉の下で五奉行の一人として活躍し、支えたのが石田三成です。秀吉の死後、天下を狙う徳川家康を倒すため毛利輝元を総大将として西軍を結成、関ヶ原の戦いで敗北しました。最期は斬首され、悪役のように扱われますが、本当にそうだったのでしょうか。今回は、石田三成を取り上げます。
真田幸村日本一の兵(ひのもといちのつわもの)
戦国時代とも呼ばれた室町時代後期は、徳川家康によって終焉します。関ヶ原の戦いで勝った家康は江戸幕府を開きました。更に家康は豊臣秀吉が残した豊臣家を、大坂の陣で滅ぼします。この大坂の陣で家康を窮地に追い込んだのが、真田幸村(本当の名は幸村、この話では幸村とします)でした。なぜ幸村が、大坂の陣で徳川家と戦ったのか。今回は、真田幸村の生涯を見ていきたいと思います。

忍城を藩庁とする、忍藩の歴史

松平忠吉

石田三成の水攻めで有名な忍城。関東入りした徳川家康が4男松平忠吉に10万石を与えて入城させた。その後、天領を経て家康の血縁の奥平松平家や阿部家などが入封。歴代城主は老中など幕府の要職に就任。

忍藩DATA
藩庁 忍城
旧地域 武蔵国埼玉郡忍
石高 10万石
譜代・外様 譜代
主な藩主 成田氏、松平氏