松本城長野県松本市

松本城DATA
天守 現存天守|国宝五城
別称 深志城、烏城
築城 1504年
住所 長野県松本市丸の内4-1
電話番号 0263-32-2902
開館時間 午前8時30分~午後5時(季節により変更)
休館日 年末(12月29日から31日)
登閣料 大人700円/小・中学生300円

姫路城と並ぶ五重の天守が現存する松本城。外観は五重だが内部は六階まであります。北アルプスを借景にした雄大な景色の中に立つ平城の天守。

松本城と関連する事件を読む

天正壬午の乱徳川vs上杉vs北条!本能寺の変直後の争乱
天正10年(1582年)6月、「本能寺の変」で信長が討たれた後の混乱に乗じて起こったのが「天正壬午の乱」です。信長が治めていた旧武田領を徳川家、上杉家、北条家が3つ巴になって争うなか、旧武田領で信長に臣従していた真田家をはじめとした国人衆も自領を守るため参戦します。広範囲にわたって数度の戦いが発生しており、各武将の思惑が入り乱れているためわかりにくい戦いです
小牧・長久手の戦い豊臣秀吉vs徳川家康
豊臣秀吉と徳川家康が直接対決した唯一の合戦といえば、天正12年(1584年)の「小牧・長久手の戦い」です。織田信長が討たれた天正10年(1582年)の「本能寺の変」から約2年。明智光秀を討った秀吉が有利と思いきや、家康も着々と勢力を増していました。今回はそんな2人が戦った小牧・長久手の戦いについて、合戦に至った背景からもやっとした結果となった結末まで見ていき
大久保長安事件江戸初期の横領事件?それとも政変?「大久保長安事件」とは
いつの時代も政治の派閥争いはつきもの。とはいえ、現在は負けても命を落とすことはありませんよね。しかし、江戸時代は政権争いに負けた結果一族が滅ぼされてしまった例もあります。その一つが慶長18年(1613年)に起きた、大久保長安事件です。金銀山開発を担当していた大久保長安(おおくぼながやす)の死後、彼に不正蓄財や幕府転覆疑惑がかけられ一族は死罪、長安を庇護してい

松本城への交通アクセス

JR松本駅バス停から、松本電鉄バスタウンスニーカー北コースで約10分、「松本城黒門」バス停下車。

松本城を藩庁とする、松本藩の歴史

徳川家康に仕えた石川数正が城郭を整備したものの、わずか2代で改易。小笠原家や松平家をはじめ、譜代・親藩が続いた。

松本藩DATA
藩庁 松本城
旧地域 信濃国筑摩郡
石高 6万石
譜代・外様 譜代
主な藩主 小笠原氏、石川氏、松平氏、堀田氏、水野氏、松平氏(戸田氏)
推定人口 12万人(明治元年)