涌谷城宮城県遠田郡

涌谷城DATA
別称 涌谷要害
築城 不明
住所 宮城県遠田郡涌谷町字下町3-2
電話番号 0229-42-3327
開館時間 午前9時~午後4時
休館日 水曜日、12月1日から翌年の3月31日まで
登閣料 大人300円・小中高学生100円

涌谷城は大崎氏の家臣・涌谷氏が所有していたが、豊臣秀吉の天下統一に伴い、伊達氏の家臣・亘理氏の居城となる

涌谷城への交通アクセス

JR石巻線「涌谷」駅から徒歩約13分。

涌谷城について

涌谷城と関連する人物記を読む

伊達政宗天下奪取の野望に燃えた奥州の粋
戦国時代、数々の武将が綺羅星の如く現れては消えた時代に奥州でひときわ輝いた武将がいました。戦国から江戸初期を駆け抜けた伊達政宗は、いつも虎視眈々と天下を狙っていた男です。伊達男の由来ともなった派手好みで、洒落た男は茶道や能楽といった芸事にも優れており、徳川家康をはじめ、歴代将軍にも重用された別名副将軍でした。今回は、そんな伊達政宗の生涯についてご紹介します。

涌谷城を居城とする、仙台藩の歴史

仙台藩伊達家が治め続けた
仙台藩は、仙台城に藩庁を置き、現在の宮城県全域と岩手県南部、福島県新地町、さらに飛び地として茨城県と滋賀県に計62万石の領地を治めた藩です。藩が開かれてから幕末まで伊達政宗を初代とする伊達家が藩主を務めました。では、仙台藩の歴史を紐解いていきましょう。 徳川家康から警戒されつつも信頼された初代藩主伊達政宗 仙台藩が開かれたのは慶長6年(1601年)のことです
仙台藩DATA
居城 涌谷城
旧地域 陸奥国宮城郡
石高 62万5000石
譜代・外様 外様
主な藩主 佐竹氏
推定人口 43万5000人(明治元年)

常陸国54万石の大大名であった佐竹義宣が徳川家康の出兵要請に従わなかったことで出羽国へ転封。石高も20万余石へと激減。