岡山城岡山県岡山市

岡山城DATA
別称 烏城、金烏城
築城 1346年
住所 岡山県岡山市北区丸の内2丁目3-1
電話番号 086-225-2096
開館時間 9:00〜17:30(入館は17:00まで)
休館日 12月29日から12月31日
登閣料 大人320円/小・中学生130円

岡山城への交通アクセス

JR岡山駅より路面電車「城下」下車、徒歩10分

岡山城について

岡山城と関連する人物記を読む

池田忠継若くして逝った惜しまれる死
戦国時代から江戸時代にかけて、多くの有能な武将が現れ、消えていきました。その中でも、池田家は織田信長に仕えた池田恒興、豊臣秀吉と徳川家康に仕えた池田輝政と続いてきました。その後、今回紹介する池田忠継に引き継がれ、幕末まで続く大名として栄えました。では、その池田家はどのように家を維持してきたのでしょう。今回は、池田恒興の孫にあたる池田忠継の生涯を取り上げます。

岡山城を藩庁とする、岡山藩の歴史

関ヶ原の戦いで寝返った小早川秀秋に代わって徳川家康の孫・池田忠継が入封。光政の代に全国に先駆けて藩校・岡山学校を開校。その子、綱政も偕楽園を造営するなど藩政の確立に努めた。9代茂正は将軍慶喜の弟。

岡山藩DATA
藩庁 岡山城
旧地域 備前国御野郡岡山
石高 31万5000石
譜代・外様 外様
主な藩主 宇喜多氏、小早川氏、池田氏
推定人口 35万人(明治元年)