駿府城静岡県静岡市

駿府城DATA
別称 府中城、静岡城
築城 1585年
住所 静岡県静岡市葵区駿府城公園1-1
電話番号 054-251-0016
開館時間 9時~16時30分(入場は午後4時まで)
休館日 月曜日(祝日、休日にあたる場合は休館振替なしで営業)、年末年始(12月29日~1月3日)
登閣料 大人360円/小・中学生120円

徳川家康の大御所時代の居城。将軍職を2代秀忠に譲った家康は、その翌年駿府を「大御所政治」の拠点の地と定めて再び戻ってきました。

駿府城と関連する事件を読む

桶狭間の戦い織田信長がまさかの勝利!?
織田信長が尾張一国の領主から天下取りへと進む契機となったのが、永禄3年(1560年)5月に起こった今川義元との合戦「桶狭間の戦い」です。親の後を継いだばかりの若き織田家の領主が「海道一の弓取り」と称された東海道の覇者である義元を討ち取るとはだれも思っておらず、当時の武将たちの間には激震が走ったことでしょう。今回は信長の躍進のきっかけになった桶狭間の戦いについ

駿府城と関連する人物記を読む

今川義元海道一の弓取り
戦国時代の三英傑の一人、織田信長の名を始めて世間に知らしめたのは「桶狭間の戦い」でした。信長は、侵攻してきた今川義元をやぶり討ち取ります。この今川義元は、海道一の弓取りと言われました。東海地方の統治を安定させることで、武田信玄や北条氏康と対等に渡り合った人物です。では義元という人物は、どのような人であったのか。今回は、今川義元についてご紹介したいと思います。
徳川家康戦国の世を終わらせた天下人
皆さんは戦国時代について、どういった印象をお持ちでしょうか。例えば戦国時代の三英傑である織田信長・豊臣秀吉・徳川家康。家康は1600年の関ケ原の戦い後、江戸幕府を開きました。三河の岡崎(現在の愛知県)に生まれて、戦乱の世を終わらせ、朝廷より征夷大将軍に任じられた家康。1603年に260年間続く江戸幕府の礎を築きました。今回はその徳川家康に関してご紹介します。

駿府城への交通アクセス

JR静岡駅から徒歩約15分。

駿府城を藩庁とする、駿府藩の歴史

徳川家康

伊豆韮山より徳川家譜代の家臣・内藤信成が4万石で入封し、駿府藩が成立。その後、信成は近江長浜藩に移封され、替わって大御所となった徳川家康が、駿府城に入り駿府藩は廃藩。

駿府藩DATA
藩庁 駿府城
旧地域 駿河国・遠江国・三河国
石高 70万石
譜代・外様 親藩
主な藩主 内藤家、家康直轄領、徳川家