掛川城静岡県浜松市

掛川城DATA
別称 懸川城、懸河城、雲霧城、松尾城
築城 1469年〜1487年
住所 静岡県掛川市掛川1138-24
電話番号 0537-22-1146
開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 年中無休
登閣料 大人410円/小中学生150円

掛川城は日本初の本格木造天守閣です。山内一豊が城主となって建立し、その美しさから「東海の名城」と呼ばれる。

掛川城への交通アクセス

JR掛川駅より徒歩7分。

掛川城について

掛川城と関連する人物記を読む

山内一豊戦国の出世と内助の功
戦国の時代。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人に仕え、高知県を領地に持った大名がいました。山内一豊です。一豊の父は尾張国で織田信長に敵対し、滅ぼされました。一豊は放浪の末に織田家に仕え戦国を生き抜きます。この山内一豊の出世を助けたのが妻の千代でした。今回は江戸時代を通し高知県の国守として栄えた山内家の祖、山内一豊とその妻の千代について見ていきたいと思います。

掛川城を藩庁とする、掛川藩の歴史

徳川家康の異父弟・松平定勝が入封。以来、譜代大名が入れ代わった。最後の太田家で安定し7代続いた。

掛川藩DATA
藩庁 掛川城
旧地域 遠江国掛川
石高 5万石
譜代・外様 譜代
主な藩主 松平(久松)家、安藤家、松平(久松)家、朝倉家、青山家、松平(桜井)家、本多家、松平(藤井)家、北条家、井伊家、松平(桜井)家、小笠原家、太田家
推定人口 6万人(明治元年)