大垣城岐阜県大垣市

大垣城DATA
別称 麋城(びじょう)、巨鹿城(きょろくじょう)
築城 1535年
住所 岐阜県大垣市郭町2丁目52
電話番号 0584-74-7875
開館時間 午前9時~午後5時(入館は16時30分まで)
休館日 火曜、祝日の翌日、年末年始
登閣料 大人200円

大垣城は全国的にも珍しい4層の天守を持ち、「城下町・大垣」のシンボルとして市民に親しまれている。

大垣城と関連する事件を読む

関ヶ原の戦い「天下分け目の戦」関ヶ原の戦いとは?
慶長5年(1600年)9月15日、天下分け目の戦いと言われた「関ヶ原の戦い」が起こりました。徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が関ヶ原(岐阜県関ヶ原町)で激突した戦いですが、わずか6時間で東軍が勝利し、徳川家康が天下の覇権を握りました。あっさり決着がついたように見えますが、関ヶ原の戦いの裏側では政治的な駆け引きや謀略が渦巻いていました。今回はそんな関ヶ原

大垣城と関連する人物記を読む

石田三成秀吉の優秀な官僚であり、忠臣だった武将
戦国時代の三英傑の一人だった織田信長が本能寺の変で討たれた後、天下統一したのは豊臣秀吉でした。秀吉の下で五奉行の一人として活躍し、支えたのが石田三成です。秀吉の死後、天下を狙う徳川家康を倒すため毛利輝元を総大将として西軍を結成、関ヶ原の戦いで敗北しました。最期は斬首され、悪役のように扱われますが、本当にそうだったのでしょうか。今回は、石田三成を取り上げます。

大垣城への交通アクセス

JR「大垣駅」南口から南へ徒歩7分

大垣城を藩庁とする、大垣藩の歴史

石川康通に続いて、松平(久松)家、岡部家、戸田家などが入封。幕末は家老・小原鉄心が新政府を支持。

大垣藩DATA
藩庁 大垣城
旧地域 美濃国大垣
石高 10万石
譜代・外様 譜代
主な藩主 石川家、松平(久松)家、岡部家、松平(久松)家、戸田家
推定人口 9万人(明治元年)