高田城新潟県上越市

高田城DATA
別称 鮫ヶ城、関城、高陽城
築城 1614年
住所 新潟県上越市本城町6-1

天守閣が建築されず石垣のない平城が特徴。天守閣の代わりに三重櫓を建設。

高田城への交通アクセス

えちごトキめき鉄道高田駅から徒歩約20分。

高田城について

高田城と関連する人物記を読む

上杉謙信軍神と謳われた戦上手
戦国時代、多くの武将にとってなくてはならないもののひとつが戦の才能でした。軍師や有能な家臣を使うという手もありますが、一番いいのは武将自身が戦に長けていること。戦上手と称された武将は幾人もいますが、その中でも上杉謙信はトップクラスと言えるかもしれません。越後を治め、武田信玄との戦いでも名を残しました。軍神または越後の竜とも呼ばれた彼の生涯について紹介します。

高田城を藩庁とする、高田藩の歴史

松平忠輝が改易された後、酒井家・稲葉家、戸田家などが入封。最後は榊原家が入封。

高田藩DATA
藩庁 高田城
旧地域 越後国
石高 15万石
譜代・外様 譜代
主な藩主 松平氏、稲葉氏、榊原氏
推定人口 17万人(明治元年)