福岡藩(1/2)黒田家が治める

福岡藩

黒田家の家紋「黒田藤」

記事カテゴリ
藩史
藩名
福岡藩(1600年〜1871年)
所属
福岡県
関連する城
福岡城

福岡城

関係する城

福岡藩は、現在の福岡県福岡市にあった大藩です。ほぼ、筑前国の全域を領有しており、支藩として秋月藩があります。

福岡藩は、軍師として有名な黒田官兵衛(黒田如水)の息子、黒田長政が初代藩主となって以降、幕末まで黒田家が治めました。移封が当り前だった江戸時代において、一つの家が幕末まで治めた藩は珍しいです。そんな福岡藩の歴史を紐解いていきましょう。

福岡藩の誕生から黒田騒動まで

福岡の地は豊臣秀吉が関白だった時代、小早川隆景が治めていました。秀吉が亡くなり、慶長5年(1600年)に関ヶ原の戦いが起こります。小早川隆景の養子である小早川秀秋は西軍を裏切り、東軍の勝利に貢献しました。この功績により、小早川秀秋は現在の岡山県に加増・移封となります。その後に福岡の地を与えられたのは、やはり関ヶ原の戦いで功績を立てた黒田長政でした。

黒田長政は、黒田官兵衛(黒田如水)の嫡男であり、豊臣家の重臣でした。しかし、豊臣秀吉の死後、石田三成と対立して早々に徳川家康に接近します。関ヶ原の戦い前は父親譲りの交渉術を用いて、福島正則や小早川秀秋など、有力な大名を石田三成から離反させることに成功しました。

徳川家康はこの働きに対して、「関ヶ原の戦い一番の功労者として子々孫々まで罪を免除する」といった内容の感謝状を贈り、筑前国名島に52万3,000余石を与えたのです。

福岡の地に入った黒田長政は父、黒田官兵衛と共に慶長6年(1601年)より福岡城の築城に着手します。黒田官兵衛は福岡城の落成前、慶長9年(1604年)に残念ながら死去しましたが、福岡城は慶長11年(1606年)に無事に完成しました。

初代藩主となった黒田長政は、福岡まで同行してきた商人、大賀宗九へ海外貿易の免状でもある朱印状を徳川家康より受けて与え、博多商人として巨万の富を築かせたり農業だけでなく数々の産業を奨励したりしました。今も博多名物として名高い博多人形や博多織、高取焼などは黒田長政が奨励をした産業です。黒田長政は福岡藩の基礎を築いて56歳で病死、跡を継いだのは嫡男の黒田忠之です。

黒田忠之は父や祖父とは異なり、生まれながらの大大名でした。そのため華美を好み、性格もややわがままで、家臣達のえり好みも激しかったと伝わっています。特に、黒田家の重臣が城主を務めている「筑前六端城」や、黒田長政時代からの重臣達と激しく反目し合い、ついに寛永9年(1632年)、六端城の一つ麻底良城の城主・栗山利章(大膳)が幕府へ黒田家が幕府に対して謀反を企んでいると訴えます。これを「黒田騒動」といい、「伊達騒動」「加賀騒動」と並び、三大騒動とも呼ばれます。

この訴えに対し、三代将軍徳川家光が直々に裁定を下し、訴え出た栗山利章(大膳)が「精神異常による逆恨み」として追放されてしまいました。

伊達騒動や加賀騒動はそれぞれ死者が出る後味悪い結果となりましたが、黒田騒動だけは記録上は死者がでておらず、平和的な解決ができたといわれています。しかし、黒田忠之は黒田長政と懇意であった幕府老中の安藤直次、幕府古老・成瀬正虎らから、忠告の体をとった叱責を受け、黒田忠之の過剰な側近厚遇はなりをひそめたそうです。なお、黒田忠之は寛永14年(1637年)、島原の乱に出陣して武功もあげています。

また、寛永18年(1641年)、江戸幕府が鎖国を決定して海外との貿易窓口を長崎の出島に限定すると、幕府より肥前佐賀藩鍋島家と交代で、長崎警護をするように命を受けました。この命の後、福岡藩は博多商人を数多く長崎に出入りさせ、商売をさせるようになります。そして、幕府からも参勤交代の回数減、藩主の江戸滞在期間短縮などの特権も受けるようになりました、

黒田騒動以降から幕末まで

3代目藩主黒田光之は2代目藩主黒田忠之の代から始まっていた藩の財政悪化を建て直そうと、厳しい倹約令を敷きました。その一方で、今も銘菓として名高い「鶏卵素麺」を博多から全国へ広げたお殿様としても知られています。黒田光之は文治を好みましたが、嫡男を廃嫡して四男を後継としたり、有力な博多商人であった伊藤小左衛門を朝鮮と密貿易をしたことを理由に処罰したりするなど、藩に混乱ももたらしました。

4代目藩主黒田綱政は、父の跡を継いで藩の財政を建て直そうとあれこれ頑張りましたが失敗、5代目藩主黒田宣政は病弱でほとんど政治が行えませんでした。

6代目藩主黒田継高は、初代黒田長政の血統最後の藩主であり、文化を保護し、藩政改革や財政再建にも積極的に取り組みました。

福岡藩の記事には続きがあります

関係する城
AYAME
執筆者 (ライター) 江戸時代を中心とした歴史大好きライターです。 趣味は史跡と寺社仏閣巡り、そして歴史小説の読書。 気になった場所があればどこにでも飛んでいきます。 最近は刀剣乱舞のヒットのおかげで刀剣の展示会が増えたことを密かに喜んでいます。
日本の城フォトコンテスト.03